未来のAI手術で外科医が必要なくなる!? これからの医師の姿とは

AI

2022/04/24 08:00

医療分野でのAI(人工知能)活用は世界的潮流だ。また、手術支援ロボットなどの医療技術も大きく進化している。今後、デジタル技術の発展が進むと、医療や医師はどう変わっていくのか。週刊朝日ムック『医者と医学部がわかる2022』で取材した三吉範克医師(大阪大学大学院消化器外科学部内講師)に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • ロボット支援手術が4月から一挙保険適用、自己負担激減へ

    ロボット支援手術が4月から一挙保険適用、自己負担激減へ

    ダイヤモンド・オンライン

    3/12

    大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    週刊朝日

    9/2

  • 「胃が縮み痩せる」今は昔 負担が少なくなった食道がん手術を専門医が解説

    「胃が縮み痩せる」今は昔 負担が少なくなった食道がん手術を専門医が解説

    dot.

    4/20

    腎がんにはロボット手術が有効 「今後増える」と専門医

    腎がんにはロボット手術が有効 「今後増える」と専門医

    週刊朝日

    2/16

  • ガン患った「おぎやはぎ」小木さんも受けた手術支援ロボットの実力とは?  

    ガン患った「おぎやはぎ」小木さんも受けた手術支援ロボットの実力とは?  

    週刊朝日

    8/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す