勝利投手のはずが「白星つかず」 プロが野球のルール勘違い、まさかの誤算が生んだ明暗

2022/04/09 18:00

 最多勝のタイトルを狙うエースを勝ち試合のリリーフに送ったにもかかわらず、白星がほかの投手についてしまうハプニングが起きたのが、1997年9月6日の西武vsロッテ(千葉マリン)だ。

あわせて読みたい

  • 80年ぶりのワースト記録…世紀の“大乱戦”【プロ野球B級ニュース事件簿】

    80年ぶりのワースト記録…世紀の“大乱戦”【プロ野球B級ニュース事件簿】

    dot.

    1/3

    「何で俺に白星つくの?」 巨人の投手が手にした“ややこしすぎる一勝”

    「何で俺に白星つくの?」 巨人の投手が手にした“ややこしすぎる一勝”

    dot.

    6/20

  • こんな筋書きは誰も書けない… 甲子園の地方予選で起きた「奇跡の大逆転」

    こんな筋書きは誰も書けない… 甲子園の地方予選で起きた「奇跡の大逆転」

    dot.

    7/6

    やっぱり野茂英雄は凄かった! 「16与四球」なのに完投勝利

    やっぱり野茂英雄は凄かった! 「16与四球」なのに完投勝利

    dot.

    5/2

  • 「DH制」なのに投手が打席に… “珍事”が生み出したドラマ

    「DH制」なのに投手が打席に… “珍事”が生み出したドラマ

    dot.

    4/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す