箱根駅伝の未来を占う、大学の長距離界「新1年生の充実度」トップ5を選出

ロホマン・シュモン

2022/03/04 18:00

“戦国時代”が続く大学駅伝界。出雲で東京国際大、全日本で駒澤大、そして箱根では青山学院大が優勝した2021年度が終わりを告げ、春の到来とともに2022年度が幕を開ける。そこで注目したいのが、各大学の新入生たち。「新1年生の充実度」をランキング形式で発表したい。

あわせて読みたい

  • 2022年の箱根駅伝「不出場の大学」で次に期待できるのは? 成長著しい注目校も!

    2022年の箱根駅伝「不出場の大学」で次に期待できるのは? 成長著しい注目校も!

    dot.

    1/18

    箱根駅伝の往路で起きた“まさか”…優勝候補2チームが相次いで棄権する悲劇も

    箱根駅伝の往路で起きた“まさか”…優勝候補2チームが相次いで棄権する悲劇も

    dot.

    1/2

  • 中央は「C」、駒澤は「駒澤大學」…箱根駅伝ユニホーム、大学名表記の違いを比べてみた

    中央は「C」、駒澤は「駒澤大學」…箱根駅伝ユニホーム、大学名表記の違いを比べてみた

    dot.

    1/2

    箱根駅伝でカギを握りそうな「伏兵ランナー」たち 新たな“山の神”候補も

    箱根駅伝でカギを握りそうな「伏兵ランナー」たち 新たな“山の神”候補も

    dot.

    11/22

  • 来年の箱根駅伝はどうなる? 創価大ら“新興校”の快進撃は続くのか 、それとも…

    来年の箱根駅伝はどうなる? 創価大ら“新興校”の快進撃は続くのか 、それとも…

    dot.

    1/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す