競馬界で「あの故障さえなければ…」と悔やまれる、全盛期で散った名馬と未完の大器

キーストン

2022/03/03 18:00

 数多くの名馬、そして名勝負が歴史に刻まれている競馬だが、その陰にはレース中の故障による予後不良という悲しい現実があるのも事実。競走馬として全盛期を迎えたところで悲劇に見舞われたり、未完の大器と呼ばれたまま逝ってしまった馬たちを思い返してみる。

あわせて読みたい

  • 20世紀末以降の競走馬「最強世代」といえば? 名馬だらけの「3つの世代」を選出

    20世紀末以降の競走馬「最強世代」といえば? 名馬だらけの「3つの世代」を選出

    dot.

    2/21

    ネット流行語大賞になった「ウマ娘」 SNSでバズらせた制作陣の“仕掛け”と“愛”

    ネット流行語大賞になった「ウマ娘」 SNSでバズらせた制作陣の“仕掛け”と“愛”

    dot.

    12/19

  • 「ウマ娘」だけじゃない若い女性が競馬にハマる理由【独自アンケート発表】

    「ウマ娘」だけじゃない若い女性が競馬にハマる理由【独自アンケート発表】

    dot.

    12/26

    有馬記念の歴史に残る「圧勝劇」 5馬身以上の勝利はわずか5頭だった!

    有馬記念の歴史に残る「圧勝劇」 5馬身以上の勝利はわずか5頭だった!

    dot.

    12/20

  • ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    dot.

    1/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す