不調の原因?自律神経は木曜日に乱れる 1日15分の「ぬり絵タイム」を医師がすすめる理由

ヘルス

2022/02/17 09:00

 日常生活で、吐き気や倦怠感、頭痛、肩こり、動悸、めまい、不眠などに悩まされていませんか。これらは、自律神経が乱れているとおこりえる症状の例です。不調を感じたとき、自律神経を整える努力をするだけで毎日をラクに過ごせるようになることもあります。順天堂大学医学部教授の小林弘幸医師は長年、自律神経の研究を続けてきました。その集大成『結局、自律神経がすべて解決してくれる』(アスコム)から一部を抜粋してお届けします。

あわせて読みたい

  • 梅雨シーズンに陥りがちな体調不良。原因と対策を考えよう

    梅雨シーズンに陥りがちな体調不良。原因と対策を考えよう

    tenki.jp

    6/2

    夏バテ防止! プールの効果で自律神経を整えよう

    夏バテ防止! プールの効果で自律神経を整えよう

    tenki.jp

    8/30

  • 「更年期不眠」にはメラトニン! 分泌量を増やす方法とは?

    「更年期不眠」にはメラトニン! 分泌量を増やす方法とは?

    dot.

    8/4

    うつ、それとも更年期障害? プチ不調の原因を知る5つの「未病検査」

    うつ、それとも更年期障害? プチ不調の原因を知る5つの「未病検査」

    週刊朝日

    1/14

  • 「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す