今も続く万引犯の「顔写真公開」 当然の自衛かやり過ぎか…弁護士の見解は?  

万引き

2022/02/05 10:00

 2014年、万引被害にあった店側が犯人とされる人物の写真をインターネット上で公開し、議論を呼んだことがあった。店側を擁護する世論もあれば、専門家からは名誉毀損(きそん)などの法的問題を指摘する声も上がった。だが、今も全国各地で店側は万引被害に悩まされており、犯人とされる写真を掲載する事例は続いている。被害が深刻化する中での正当な自衛策か、はたまた度が過ぎた違法行為なのか――改めて、弁護士に見解を聞いた。

あわせて読みたい

  • SNSに商品間違いをさらした「千原せいじ」が炎上 弁護士が語る店名をさらす「法的問題」と「リスク」

    SNSに商品間違いをさらした「千原せいじ」が炎上 弁護士が語る店名をさらす「法的問題」と「リスク」

    dot.

    11/17

    許せなかったから住所を特定…誤った正義感による加害者捜しは「リンチと変わらない」

    許せなかったから住所を特定…誤った正義感による加害者捜しは「リンチと変わらない」

    AERA

    3/13

  • 【弁護士がアドバイス】SNSの誹謗中傷「匿名加害者の特定」に必要な手順

    【弁護士がアドバイス】SNSの誹謗中傷「匿名加害者の特定」に必要な手順

    dot.

    5/30

    SNS誹謗中傷で注目の「発信者情報開示請求」 約350件請求した写真家の体験に学ぶ

    SNS誹謗中傷で注目の「発信者情報開示請求」 約350件請求した写真家の体験に学ぶ

    dot.

    6/5

  • 街を歩く女性に「AV出てた人や!」と大声 超迷惑YouTuberの犯罪は成立するか?弁護士の見解

    街を歩く女性に「AV出てた人や!」と大声 超迷惑YouTuberの犯罪は成立するか?弁護士の見解

    dot.

    8/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す