2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

ヘルス

2022/01/04 09:00

 2022年度から高校の学習指導要領が改訂され、保健体育の授業で「精神疾患の予防と回復」を教えることになります。うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は若い世代に発症しやすいにもかかわらず、正しい知識を学ぶ機会がなかったことが背景にあります。学習指導要領改訂に携わった精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師は、「授業で学ぶ生徒だけでなく、保護者や教員にも正しい知識を持ってもらいたい」と、書籍を執筆。『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)が1月20日に発売となります。書籍からその一部を抜粋してお届けします。

あわせて読みたい

  • 子どもの「心の病気」を学校教育で再び教えることになった理由 精神科医が語る

    子どもの「心の病気」を学校教育で再び教えることになった理由 精神科医が語る

    dot.

    3/28

    不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    1/20

  • 思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?

    思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?

    dot.

    3/26

    「心の健康」だけではダメ。学校教育に「精神疾患の予防と回復」が必要な理由

    「心の健康」だけではダメ。学校教育に「精神疾患の予防と回復」が必要な理由

    dot.

    3/26

  • 「心の病気」の偏見・差別をなくすには? 異例の学校教育導入の理由

    「心の病気」の偏見・差別をなくすには? 異例の学校教育導入の理由

    dot.

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す