天龍さんが語る“ギャップ” タイガー・ジェット・シンが搭乗口でサーベルを…空港襲撃!?珍事

70歳からのはっけよい!

アブドーラ・ザ・ブッチャー

2021/11/28 07:00

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ(撮影/写真部・掛祥葉子)
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ(撮影/写真部・掛祥葉子)

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、2019年の小脳梗塞に続き、今度はうっ血性心不全の大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。人生の節目の70歳を超えたいま、天龍さんが伝えたいことは? 今回は「イメージとギャップ」をテーマに、つれづれに明るく飄々と語ってもらいました。

【写真】優勝トロフィーにスーパードライを注ぐ天龍さんはこちら!

*  *  *

 俺自身、自分でイメージとギャップを感じるのは、人と会話をしている時かなぁ。俺は普通に話をしているつもりなんだけど、相手からしたら「圧された、脅された」と感じることがちょこちょこあるみたいだ。俺は相手に分かってほしい一心で、身を乗り出して大きな声で「分かる? なぁ!?」と言ってしまうんだが、おそらくそれが原因だな(笑)。だから、家族はなるべく俺が相手と直接しゃべらないように、いつも間に入ってくれるんだ。以前も話したことがあるけど、俺が寿司店を経営している時、お客さんのクレームに対応したら、後日「お前の店は“やっかいな奴”を使いやがって!」とまたクレームが入ったからね(苦笑)。

  そうなったのもきっと、プロレスラーになってからだと思う。他人より前に出てアピールしなきゃいけないし、パフォーマンスも大きくしなきゃいけないから、どうしても声や挙動が大きくなってしまう。俺は田舎の出身だから心持は優しいはずなんだが、相撲やプロレスをやっていると優しさ=ウイークポイントになって、女々しいと思わるのも嫌だからテンパっていたのも事実だ。プロレスラーは弱みをみせたら終わりだ。

  そんなプロレスラーのイメージを壊しちゃいけないなと思ったのが、昔、ジャンボ鶴田と北陸遠征でラーメンを食べに行ったときのことだ。飯を食い終わった後、食い足りないのもあってジャンボがラーメンを食べたいと言い出した。そこで2人でラーメン食べて、先に食べ終わったジャンボが店を出ると、客が「あれ、ジャンボ鶴田だよな? なんだ、ラーメンなんか食って、力が出るのかよ? ステーキとか食べてるんじゃないの?」ってヒソヒソ話していてね。

NEXT

ブロディとハンセンが居酒屋「村さ来」で大喜び

1 2 3 4

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す