都市部近郊の山で遭難者が増加 コロナ禍の体力不足、無計画…「低い山」と侮るなかれ

2021/10/30 08:00

 長引くコロナ禍で旅行を控える人が多いなか、密を避け、開放的な気分を味わおうと、手ごろな近場の山に出かけ、登山やハイキングを楽しむ人が増えている。ところが、準備不足やコロナ禍での運動不足などが原因で、遭難してしまう人も増加している。これから本格的な紅葉シーズンを迎え、入山者の数も増える。身近な山でいま、何が起こっているのか、取材した。

あわせて読みたい

  • 富士山の遭難の9割は下山中に起きる 夏山で「安易な入山」よりやっかいな「目的達成型」の登山

    富士山の遭難の9割は下山中に起きる 夏山で「安易な入山」よりやっかいな「目的達成型」の登山

    dot.

    6/23

    本当は怖い低山「どうしても道に迷いやすくなる」 専門家が語る遭難の傾向と対策

    本当は怖い低山「どうしても道に迷いやすくなる」 専門家が語る遭難の傾向と対策

    AERA

    7/22

  • やってはいけない山歩き

    やってはいけない山歩き

    10/27

    はじめての本格登山に挑戦しよう!知っておくべき4つのポイント

    はじめての本格登山に挑戦しよう!知っておくべき4つのポイント

    tenki.jp

    7/30

  • 経験が災いする? 高齢者登山の落とし穴

    経験が災いする? 高齢者登山の落とし穴

    週刊朝日

    7/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す