よど号ハイジャック事件の全容と「明日のジョー」の悲しき証明

朝日新聞出版の本

2021/10/16 09:00

 訴状、蹶起趣意書、宣言、遺書、碑文、天皇のおことば……。昭和・平成の時代には、命を賭けて、自らの主張を世の中へ問うた人々がいた。彼らの遺した言葉を「檄文」という。

あわせて読みたい

  • 山で子どもを産み育てる計画も…桐野夏生が描く「連合赤軍」の真実

    山で子どもを産み育てる計画も…桐野夏生が描く「連合赤軍」の真実

    週刊朝日

    3/30

    内田樹「米国での武装蜂起のフェイクニュースは誰かを傷つけ、誰かが利する」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「米国での武装蜂起のフェイクニュースは誰かを傷つけ、誰かが利する」

    AERA

    1/6

  • 憲法改正に自衛隊を利用するな 防衛省内には戸惑いの声も

    憲法改正に自衛隊を利用するな 防衛省内には戸惑いの声も

    AERA

    10/20

    全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ… 重信房子氏ら元学生運動家にアンケート

    全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ… 重信房子氏ら元学生運動家にアンケート

    dot.

    6/19

  • 北朝鮮の母娘がみせた“ありのままの笑顔” 29年間43回の訪朝で見えた市民の姿とは

    北朝鮮の母娘がみせた“ありのままの笑顔” 29年間43回の訪朝で見えた市民の姿とは

    AERA

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す