右肘手術の前田健太「何かがおかしい」現地記者が明かした異変の兆候

2021/10/01 10:00

 9月1日(現地時間:以下同)に右肘靱帯(じんたい)再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたミネソタ・ツインズ前田健太。過去にエンゼルスの大谷翔平(2018年)やパドレスのダルビッシュ有(15年)が受けた、自身の正常な腱の一部を摘出し移植するトミー・ジョン手術に加え、靭帯の周囲に「インターナル・ブレース」と呼ばれる繊維状の人工靱帯を重ね合わせるプライマリー・リペア手術も行なった。

あわせて読みたい

  • 大谷翔平、ダルビッシュ、筒香…2021年MLB日本人選手の活躍を現地報道から“ぶっちゃけ”評価

    大谷翔平、ダルビッシュ、筒香…2021年MLB日本人選手の活躍を現地報道から“ぶっちゃけ”評価

    dot.

    12/30

    ツインズ・前田健太に現地記者が指摘する「いま最も足りていないもの」

    ツインズ・前田健太に現地記者が指摘する「いま最も足りていないもの」

    dot.

    6/3

  • 開幕戦後のダルビッシュと前田健太 現地記者の意外な評価とは

    開幕戦後のダルビッシュと前田健太 現地記者の意外な評価とは

    dot.

    4/4

    不調の前田健太に「彼だけの責任ではない」と現地記者が擁護 最大の敵とは

    不調の前田健太に「彼だけの責任ではない」と現地記者が擁護 最大の敵とは

    dot.

    5/1

  • 大谷翔平、肉体改造で“ガラスの肉体を”克服 二刀流で試合に出続ける強さを発揮

    大谷翔平、肉体改造で“ガラスの肉体を”克服 二刀流で試合に出続ける強さを発揮

    AERA

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す