Jリーグの勢力図に変化 「川崎1強」が終わる予感も…“次なる盟主”になるのは?

2021/09/16 18:00

 2月末に開幕したJリーグは夏の中断期間を経て、各チームが残り10試合ほどを残す“最終段階”を迎えようとしている。7月終了時点では王者・川崎が18勝4分と圧倒的な戦績を収めて首位を独走していたが、夏に三笘薫、田中碧の“飛車角”が海外に移籍。チーム再構築を強いられた中、8月以降は2勝2分1敗と失速。その間、横浜FMが勝点を積み上げて勝点1差にまで一気に詰め寄った。さらに今夏、上位を争う神戸、浦和が大型補強を敢行。「川崎1強時代」から、Jの勢力図が再び移り変わろうとしている。

あわせて読みたい

  • 降格濃厚から脱出気配あるのは…J1「危険水域チーム」リーグ再開後の状態を探る

    降格濃厚から脱出気配あるのは…J1「危険水域チーム」リーグ再開後の状態を探る

    dot.

    8/18

    優勝候補筆頭の川崎にとって、今季“嫌なチーム”となりそうなのは?

    優勝候補筆頭の川崎にとって、今季“嫌なチーム”となりそうなのは?

    dot.

    2/25

  • J2に降格してしまうチームは…混沌としてきた「J1残留争い」の行方

    J2に降格してしまうチームは…混沌としてきた「J1残留争い」の行方

    dot.

    7/12

    戦力アップかダウンか…J1ストーブリーグ通信簿2020

    戦力アップかダウンか…J1ストーブリーグ通信簿2020

    dot.

    2/15

  • Jリーグの新助っ人を査定! “働きぶり”で「ベスト3」&「ワースト3」を選出

    Jリーグの新助っ人を査定! “働きぶり”で「ベスト3」&「ワースト3」を選出

    dot.

    7/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す