「皮膚呼吸ができなくて具合が悪くなる」ことってあるの? 皮膚科医が医学的に説明

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2021/08/20 07:00

 人間は皮膚呼吸をしているので、全身の皮膚を何かで覆ってしまったら皮膚呼吸ができなくなって危険……。そう思っている人は多いはず。しかし、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師は、それに医学的根拠はないと言います。皮膚呼吸について解説します。

あわせて読みたい

  • 皮膚科医が警告 「アトピーに効く」とうたう化粧品がヤバすぎる理由
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚科医が警告 「アトピーに効く」とうたう化粧品がヤバすぎる理由

    dot.

    9/13

    首の「ポキポキ音」は骨がずれている証拠? 整形外科医の答えは?

    首の「ポキポキ音」は骨がずれている証拠? 整形外科医の答えは?

    dot.

    10/18

  • 夏マスクによる「かゆみ」は我慢するしかない? 皮膚科医が三つの原因と対策を解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    夏マスクによる「かゆみ」は我慢するしかない? 皮膚科医が三つの原因と対策を解説

    dot.

    7/24

    足の裏にできるタコ、うおのめ、イボ 皮膚科医が解説するその違いとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    足の裏にできるタコ、うおのめ、イボ 皮膚科医が解説するその違いとは?

    dot.

    4/26

  • 熱い湯の長風呂はNG! 皮膚科医が教える美肌キープ術

    熱い湯の長風呂はNG! 皮膚科医が教える美肌キープ術

    週刊朝日

    1/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す