強敵相手に「強さ」証明した日本代表、初めて持つ“武器”と金メダルへの“課題”

東京五輪

2021/07/26 08:00

 最初に攻勢に出たのはメキシコだった。キックオフから巧みなパスワークを見せ、相手にボールを触らせないまま左サイドを突破して“あわや”のシーンを作った。だが、日本が電光石火の反撃を見せる。6分、右サイドを抜け出した堂安律が、ペナルティエリア脇からマイナスのクロスを入れると、中央のスペースに猛然と走り込んだ久保建英が左足で合わせて先制ゴール。さらに11分、相馬勇紀へのアフタータックルがVARの末にPK判定となり、堂安が豪快にゴール中央に蹴り込んだ。

あわせて読みたい

  • 次のメキシコ戦は大丈夫? 久保のゴールで白星発進も…手放しでは喜べない理由

    次のメキシコ戦は大丈夫? 久保のゴールで白星発進も…手放しでは喜べない理由

    dot.

    7/23

    日本代表、久保と堂安を下げた決断は正しかったのか…延長戦で出た“クオリティ”の差 

    日本代表、久保と堂安を下げた決断は正しかったのか…延長戦で出た“クオリティ”の差 

    dot.

    8/4

  • サッカー日本代表が“史上最強”の本領発揮、ブラジルとの決勝までのシナリオ

    サッカー日本代表が“史上最強”の本領発揮、ブラジルとの決勝までのシナリオ

    dot.

    7/29

    五輪サッカー準々決勝で日韓戦の可能性も…元代表選手「韓国戦の後はアザだらけ」と警戒

    五輪サッカー準々決勝で日韓戦の可能性も…元代表選手「韓国戦の後はアザだらけ」と警戒

    dot.

    7/28

  • サッカー日本代表 準決勝は圧倒的にスペイン優位か 久保建英は闘志満々

    サッカー日本代表 準決勝は圧倒的にスペイン優位か 久保建英は闘志満々

    dot.

    8/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す