「死者にむち打つ行為」夏の甲子園がかかった決勝、議論を呼んだ“手堅過ぎる作戦”

2021/07/19 18:00

 試合開始直前にエースが投げられなくなるアクシデントにもかかわらず、控えの3投手が踏ん張り、九死に一生を得て夏の甲子園初出場を実現したのが、89年の日大三島だ。

 静岡大会決勝の長泉戦、日大三島はエース・小泉祐幸が先発のマウンドに上がったが、投球練習で1球目を投げた直後、肘の違和感を訴え、一人の打者とも対戦しないまま、まさかの降板となった。野球規則の特例により、小泉は投球数0にもかかわらず、登板記録だけが残った。

 試合開始早々、エース不在のハンデを背負った日大三島だったが、「小泉の分まで」と打線が奮起する。

 3回に4番・小林和也の2点タイムリー二塁打などで4点を先制すると、4回にも4長短打を集めて5点を追加。9対0と大きくリードした。

 だが、その裏、小泉の代役でスクランブル登板した高梨雅規が、4番・中村一光にバックスクリーンへの特大2ランを浴びると、一転流れは長泉に。

 リリーフした1年生・関孝浩も5回に2点タイムリーを許し、4対9の8回にも無死満塁のピンチを招いてしまう。

 この苦しい場面で、春先に肩を痛めて以来、ライトを守っていた武井祥浩が“最後の砦”として3カ月ぶりに登板。併殺の間に1点を失ったものの、最少失点で切り抜けた。

 ところが、勝利目前の9回に3ランを打たれ、たちまち1点差。森下知幸監督も「9点を取り、守りに入っていたので、逆転されるパターン」と覚悟したほどだった。

 だが、なおも2死三塁のピンチに、武井は落ち着いて最後の打者を三ゴロに打ち取り、9対8で逃げ切り。

 まさに“筋書きのないドラマ”のエッセンスが凝縮されたような好試合だった。

 最後の打者を三振に打ち取り、ゲームセット。甲子園出場決定と思われた直後、一転試合が続行されるどんでん返しが起きたのが、17年の長崎大会決勝、波佐見vs清峰だ。

 延長10回、川口侑宏の左翼ポール際への2ランで4対2と勝ち越した波佐見は、その裏、2死一塁で、村川竜也が5番・豊村直大を2ストライクと追い込んだあと、低めの球で空振り三振に打ち取った。

NEXT

一瞬の気の緩みが危うく…

1 2 3

あわせて読みたい

  • 終わりじゃないの? 決まったはずの甲子園行きがまさかの白紙に…

    終わりじゃないの? 決まったはずの甲子園行きがまさかの白紙に…

    dot.

    7/24

    脅威の25奪三振、一人で三重殺…夏の甲子園、地方予選の「神ってる記録」

    脅威の25奪三振、一人で三重殺…夏の甲子園、地方予選の「神ってる記録」

    dot.

    7/18

  • 意外に俊足だった選手も… “巨漢球児”が甲子園に残した強烈な記憶

    意外に俊足だった選手も… “巨漢球児”が甲子園に残した強烈な記憶

    dot.

    8/13

    大谷翔平は初出場時に“珍場面” プロ野球選手が甲子園で見せた「まさかのプレー」

    大谷翔平は初出場時に“珍場面” プロ野球選手が甲子園で見せた「まさかのプレー」

    dot.

    8/10

  • “最貧打線”が予想外の爆発! 一度きりの甲子園で「奇跡の大躍進」果たした高校は?

    “最貧打線”が予想外の爆発! 一度きりの甲子園で「奇跡の大躍進」果たした高校は?

    dot.

    8/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す