NICUの赤ちゃん「こんなに小さくて育つだろうか…」と責める母親への言葉がけ

GCU

2021/07/05 11:00

 コロナ禍での妊娠・出産・育児は、母親に大きな不安やストレスを与えているといわれる。低出生体重児を出産した母親は、平時でも「子どもを小さく生んでしまったのは私のせい……」と自分を責めることが多い。さらには、コロナの感染拡大を気にしながら出生後の医療的ケアでメンタルヘルスの悪化も懸念される。

あわせて読みたい

  • 小さく生まれた赤ちゃんの母親 母乳止まりうつに…退院後も発達の不安抱え孤独

    小さく生まれた赤ちゃんの母親 母乳止まりうつに…退院後も発達の不安抱え孤独

    AERA

    11/17

    500gで生まれた息子は「生きよう」と、もがいた……256日間の記録

    500gで生まれた息子は「生きよう」と、もがいた……256日間の記録

    dot.

    10/18

  • 「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    AERA

    3/31

    我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    AERA

    4/14

  • 低出生体重児の成長も祝福を 発達の個人差を考慮した「新しい母子手帳」への動き

    低出生体重児の成長も祝福を 発達の個人差を考慮した「新しい母子手帳」への動き

    AERA

    11/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す