いまだに現役も多い? なでしこジャパンのW杯制覇から10年…選手たちのその後 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

いまだに現役も多い? なでしこジャパンのW杯制覇から10年…選手たちのその後

西森彰dot.
2011年の女子サッカーW杯を制したなでしこジャパン (c)朝日新聞社

2011年の女子サッカーW杯を制したなでしこジャパン (c)朝日新聞社

 なでしこジャパンが世界を制した2011年から、もう10年を迎えることになる。フランクフルトの大観衆の前で、優勝カップを掲げた彼女たちは、その後、どうしているのか。

 女子W杯・ドイツ大会の決勝戦で、延長後半、起死回生の同点ゴールを流し込んだ澤穂希は、得点王と大会最優秀選手に輝いた。そして、2015年12月27日の皇后杯決勝戦を最後に、スパイクを脱いだが、そのゲームでも唯一のゴールを奪い、有終の美を飾ったのは、語り草だ。

 その決勝戦で1ゴール、1アシストの宮間あやは、優勝翌年からキャプテンマークを受け継いだ。世界一には届かなかったが、重圧のかかる中、ロンドン五輪、女子W杯カナダ大会と2回に渡り、世界大会のファイナルに進出。その役目を全うし、現役生活を終えている。

 決勝戦でスポットライトを浴びたのが、PK戦でゴールにかんぬきをかけた海堀あゆみ。現役生活の終盤には、フィールドプレーヤーとしても活躍した。昨年度の高校女子サッカー選手権の組み合わせ抽選を、大野忍と担当している。

 現在、テレビ等で最も露出が多いメンバーが、タレントへ転身した丸山桂里奈だろう。現役時代はスピードに乗ったドリブル突破で魅せていたが、バラエティー番組などでは軽妙なトークに乗って、サッカーファン以外にも笑顔を届けている。

 引退後、指導者への道を進んでいるのは3名。矢野喬子は、帝京平成大学の指揮官として、昨年の全日本大学女子サッカー選手権大会を制覇。現役時代からミッドフィルダー、センターバック、サイドバックをこなし、3バック、4バックの異なるシステムにも、柔軟に対応するセンスを見せていた。チームを初の大学日本一に導いたのも、フロックではない。

 ちふれASエルフェン埼玉(以下、EL埼玉)でゴールキーパーコーチを務めているのが、山郷のぞみだ。千葉Lから移籍してきたベテラン・船田麻友、なでしこジャパン招集経験のある浅野菜摘らを指導している。EL埼玉には、山郷とともに、2004年のアテネ五輪予選で北朝鮮を破った荒川恵理子、山本絵美もおり、初代なでしこジャパンの力を結集して上位進出を目指す。

 大野忍は、EL埼玉と同一県内の大宮アルディージャVENTUSで指導している。WEリーグの創設にあわせて誕生したチームは、2月に初めての全体練習を行い、ここまで約3カ月。プレシーズンマッチでも、一戦ごとに内容を良化させていっている。トレーニングでも、選手に交じって汗をかいている大野の貢献もありそうだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい