小島瑠璃子に“イラっとする”のは好きの裏返し? こじるりが好感度タレントに変わる日 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島瑠璃子に“イラっとする”のは好きの裏返し? こじるりが好感度タレントに変わる日

小島瑠璃子(C)朝日新聞社

小島瑠璃子(C)朝日新聞社

“こじるり”の愛称で親しまれ、グラビアやバラエティー番組などで活躍するタレントの小島瑠璃子(27)。現在も「サタデープラス」(TBS系)、「サイエンスZERO」(NHK Eテレ)など、レギュラー番組を複数抱えている。また、3月末に放送された「ホンマでっか!? TV 2時間SP」では、人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏との交際が順調なことを明かしたりと、公私ともに充実しているようだ。

【写真】一時はこじるりと「共演NG」だった大物タレントはこの人

 一方、昨年4月にインスタライブで「筋トレって世界で一番意味分かんないんだよね」「どうすんの、見かけだけのムキムキ」と、筋トレする人をバカにするような発言をして、プチ炎上したことも。テレビでの露出に比して好感度は決して高くないというのが現状だろう。

「特に女性からの支持が芳しくないように思えます。頭の回転が速く、コミュニケーション能力も高い小島ですが、『発言が分かってます風』『リアクションがオーバー』などと指摘されるように、立ち振る舞いに自己主張の強さが見え隠れするところが、同性から見ると鼻につくようです。SNS上では、『いちいちイラッとする』『何やっても狙ってるみたい』など、手厳しい声が目立っていますね」(テレビ情報誌の編集者)

 2015年にテレビ番組出演本数ランキングの女性部門でトップになったこともある小島。コメント力もあり司会もこなすが、能力が高いゆえ、テレビでの仕事ぶりから「計算高い」「あざとい」というイメージも与えてしまっているのかもしれない。

「ただ、発言にはストレートな正直さも感じられます。『筋トレ』発言で話題になった昨年4月のインスタライブでは、好きな男性のタイプについて『お金のことを考えないでいられる人がいい。私の年収にひかない人がいい』と告白。もちろんネット上では、『自慢かよ』など否定的な声もありましたが、ここまで正直だと、むしろかっこいいと思います。また、昨年5月放送のバラエティー番組では、小島についてSHELLYが『なかなかの面食い』と暴露。飲んでいる時に『男は顔だ』という発言を何回も聞いたそうで、小島も『昔から面食いですね』と認めていました」(同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい