広島の「パンチパーマ新人」の評価が上々 薄れゆく3年目・小園の存在感

2021/04/02 16:00

 広島に矢野雅哉という“面白い新人”が入ってきた。その能力もさることながら、話題となったのが、令和の時代には似つかわしくない“パンチパーマ”だ。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す