夫婦関係崩壊のきっかけは「生理前」だった? 月経に“人格”を奪われる女性たちの苦悩  (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夫婦関係崩壊のきっかけは「生理前」だった? 月経に“人格”を奪われる女性たちの苦悩 

連載「月経に“人格”を奪われる女性たち」

不調は生理前に起きる?※写真はイメージです(Getty Images)

不調は生理前に起きる?※写真はイメージです(Getty Images)

旦木瑞穂:
愛知県出身。グラフィックデザイナー、アートディレクターを経て2015年に独立。葬儀・お墓・ダブルケア/シングル介護・PMS/PMDDに関する執筆のほか、紙媒体の企画編集・デザイン、イラスト制作を行う。

旦木瑞穂: 愛知県出身。グラフィックデザイナー、アートディレクターを経て2015年に独立。葬儀・お墓・ダブルケア/シングル介護・PMS/PMDDに関する執筆のほか、紙媒体の企画編集・デザイン、イラスト制作を行う。

 突然イライラしたり、不意に涙が出てきたり、生理前は自分が制御不能になる――。月経に伴う下腹部の痛みや貧血など身体症状については近年、社会でも認知されるようになったが、生理前に起こる心身の症状については、あまり知られていない。体重増加や疲れを感じやすいなど体の変化のほか、緊張感や不安の高まり、注意力の欠如や脱力感などメンタル面の不調を伴うことがあり、医学的には「月経前症候群:PMS(Premenstrual Syndrome )」と呼ぶ。特に心の症状が重い場合を「月経前不快気分障害:PMDD(premenstrual dysphoric disorder)」という。日常生活にも支障をきたすこともあるが、なかなか周囲の理解を得られず、仕事や人間関係の悩みやトラブルを一人で抱えがちだ。

【写真】膣トレグッズ、ピル飲み忘れリマインダー…欧米発「フェムテック」が日本でも話題
*  *  *
夫には「サボっている」と見えた

 PMDDと診断を受けた中部地方在住の望月莉枝さん(仮名・43歳)は心の症状が重く、自分の感情や気分の落ち込みをコントロールできなくなるときがあるという。生理前は家に一人でいると、「死にたい!消えたい!」と希死念慮が浮かんできて、メールや電話で友人や母親に「死にたい」と訴えることも。ところが月経がはじまると心が落ち着くため、冷静になって謝罪に行く……ということを繰り返していた。

「PMDDの症状で、人間関係がうまくいかないことが増えました。職場でトラブルがあっても、生活のためには仕事を辞めるわけにもいかず、今はコロナのせいで転職は厳しく、その気力も湧きません。八方ふさがりで、希死念慮につながることも少なくありません」


 バイエル薬品が制作し、婦人科などで配布している冊子『生理前カラダの調子やココロの状態が揺らぐ方へ PMS 月経前症候群』によると、約74%の女性が、月経前や月経中に体や心の不調を抱えているという(※1)。下腹部の痛みといった「生理痛」に代表される月経中の不快な症状はイメージがつきやすいが、月経前の心身の変化、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)は女性でもよく知らない人も多いのではないだろうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい