不倫女性とサレ妻、嫌いだけど好き…奥深き“女の友情”の世界 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不倫女性とサレ妻、嫌いだけど好き…奥深き“女の友情”の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦ゆえdot.#女子#朝日新聞出版の本#読書
※写真はイメージです。本文とは関係ありません(Gettyimages)

※写真はイメージです。本文とは関係ありません(Gettyimages)

fishy

金原 ひとみ

amazonamazon.co.jp

 作家・金原ひとみさんの最新作『fishy』には、こんな一節がある。

「確かに、弓子は常に男性の意見に迎合しがちで、女性たちの意見をことごとく『私はそうじゃない』と切り捨てることがあった。(中略)何かと優劣や勝ち負けにこだわる、コンプレックスと選民意識がない混ぜになった弓子の性格は、そういうものから既に解放されている者の目には耐え難いまでに醜悪に映るのだろう」

 同作の主人公はときどき集っては酒を酌み交わしつつ、互いの近況を報告し合う弓子、ユリ、美玖の三人。件の一節は、28歳の美玖が37歳の弓子を見ての評で、なかなかに辛辣だ。物語は三人の視点から、それぞれ人生という道に落ちている大小さまざまな石につまづいたり、大きく転倒してもうダメだと思ったり、それでいながら強かに立ち上がって前に進んだりする女性の生き様を描いている。

 三人の毎日はシビアだ。不倫している、されている、婚活がうまくいかない、借金を背負ってしまった……。傍から見ていてイライラすることもあるだろう。ユリはそんな苛立ちをもはっきり口に出し、ときにふたりからの反感を買う。

 合わないところがあるなら友だちでいなければいいのでは? という問いにはあまり意味がない。女性同士の関係はそう単純に割り切れるものでないのだから。主人公3人と同世代の女性たちに話を聞いた。

■「結局は好き」かどうかが大事

「専門学校時代から仲のいい友人がいて、いまは遠方にいるのでときどき電話で話すのですが困ってしまうことがあって……」

 と話してくれたのは、現在、起業準備中のシングルマザー・Aさん(30代)。同業種ですでに起業している友人は、いろいろとアドバイスもくれるという。

「その一方で彼女は何年か前からネットワークビジネスにはまっていて、こうするとすごく儲かるとか、あなたもやってみたらいいとか熱心にいってくるんですよね。私はそういう怪しいのに興味がまったくないと伝えているにもかかわらず」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい