今年も“逆シリーズ男”が決定的? なぜ巨人・丸佳浩は大舞台に弱いのか… (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年も“逆シリーズ男”が決定的? なぜ巨人・丸佳浩は大舞台に弱いのか…

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
巨人の丸は今年も“逆シリーズ男”で終わってしまうのか… (c)朝日新聞社

巨人の丸は今年も“逆シリーズ男”で終わってしまうのか… (c)朝日新聞社

 巨人・丸佳浩の株価が急下落だ。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 今年の日本シリーズでも短期決戦での弱さを再び露呈。加えて、物議を醸すプレーも飛び出した。『逆シリーズ男』とまで呼ばれてしまっている丸は、なぜ大舞台では“グダグダ”になってしまうのだろうか……。

「丸選手のプレーが故意かどうかはわからないけど、中村選手があれだけベースの角にいるのにその足に当たってしまうのはよくないと思います。投手の走塁練習もそこはしっかり練習するので」(11月22日・ダルビッシュ有のツイッター)。

 今シーズン、メジャーリーグのサイ・ヤング賞投票でナ・リーグ2位となるなど話題を振りまいたダルビッシュ有(カブス)も反応し、呟くほどのプレーだった。

 日本シリーズ第1戦、ソフトバンクの2点リードで迎えた4回無死一、二塁の場面。丸はショートゴロ併殺打に倒れたが、一塁を駆け抜ける際にファースト中村晃の足を蹴ってしまう形となった。このプレーの直後からネット上などは大荒れ。翌日の試合前、丸が工藤公康監督と中村に謝罪をするまでの事態となった。

「驚いたし信じられなかった。故意にあんなことをする選手ではない。あんな凡プレーをするようなレベルでもない。野球に対して常に真摯的に取り組んでいて、誰もが驚くぐらい真面目。何があってもいいように準備すると言っているほど。普段から性格も温厚で、関わった人から丸の悪い話は聞いたことがない。先輩、後輩、他球団と丸を慕っている人は多い。何があったのかこっちが知りたい」(広島関係者)

 今回、丸が犯したプレーと似たケースが過去の巨人にはあった。07年9月9日、対阪神では巨人は逆の立場だった。その時は内野ゴロに倒れた阪神のアンディ・シーツが、一塁手・李承燁の足を蹴るというより、踏んでしまう格好となった。見方によっては“故意”ともとれるこのプレーに対し、当時も巨人を指揮していた原辰徳監督が自らシーツにクレームをつけ、両チームが一触即発の状態となった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい