「うまみ」って英語でなんて言う? 意外と知らない和食の英語 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「うまみ」って英語でなんて言う? 意外と知らない和食の英語

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 航dot.

 昨今、世界から注目される「和食」。その魅力にはまった外国人監督ジョン・ダッシュバックさんは、東京・飯田橋の老舗ラーメン店に密着したドキュメンタリー映画「Come Back Anytime」を制作した。現在発売中の『AERA English 2020 Autumn&Winter』では、この映画の日本人プロデューサーが英訳しづらかった、和食に関する表現を紹介。和食ならではのあの表現、英語ではなんて言う? 

*  *  *
【おいしい】
 日本語でも「うまい」「美味」など表現のバリエーションがあるように、delicious以外でもいろいろと表せる。

 deliciousと同じ感覚で使えるのがtasty、good。

「すごくおいしい」と強調したい場合は、splendid(すばらしい)、divine(すてきな)、superb(最高の)、exquisite(極上・絶品の)といった形容詞が使える。

「唯一無二の」の褒め言葉は、This chashu pork is truly one of a kind.のように表現する。

「うまし」といったカジュアル語は、deliciousの俗語delishで表現できる。

【うまみ、だし】
 どちらもumami、dashiと英語になっている。2語ともストレス(強勢)は「a」の部分で、「ゥマアーミィ」「ダアーシィ」のような発音になる。

 グルメな人なら知っているが、知らない人も少なくないので、言い換えが利く単語を知っておくと安心。うまみはsavoriness(「滋味、風味」とも)、だしはsoup stockまたはbroth(「ブイヨン、煮汁」とも)でOK。

 Umami or savoriness is……のように、or(すなわち、つまり)を使って、説明を補足するとわかりやすいだろう。 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい