おなかの張りで食事がとれず… 謎の病気でドクターショッピングした女性の苦悩

ヘルス

2020/11/02 17:00

 胃の痛みなどの症状があるのに、はっきりと原因が特定できない病気がある。非常に身近な病気で、10人に1人以上が罹患していると言われている「機能性ディスペプシア」だ。慢性的な腹痛や、胃もたれなどが代表的な症状だが、決まったパターンはなく、人によってさまざま。治療法も人によって異なる。機能性ディスペプシアの治療を受けた人の一部始終を紹介する。

あわせて読みたい

  • かつて「ストレス性胃炎」と呼ばれた原因不明の腹痛 新しい病名とは?

    かつて「ストレス性胃炎」と呼ばれた原因不明の腹痛 新しい病名とは?

    dot.

    11/1

    胃の痛み、胃もたれを感じるのに検査で「異常なし」の人が増加 医師が疑う病名は?

    胃の痛み、胃もたれを感じるのに検査で「異常なし」の人が増加 医師が疑う病名は?

    dot.

    10/24

  • 胃が痛い、もたれる、食欲減退…胃の不調で近年増えている二つの病気とは?

    胃が痛い、もたれる、食欲減退…胃の不調で近年増えている二つの病気とは?

    dot.

    10/9

    日本の4人に1人が罹患?「機能性ディスペプシア」とは?

    日本の4人に1人が罹患?「機能性ディスペプシア」とは?

    週刊朝日

    8/3

  • 「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    週刊朝日

    12/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す