オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

2020/10/30 07:02

 インターネットを使って患者の診療を行う「オンライン診療」は、当初、新型コロナウイルス対策として時限的な措置で認められていましたが、政府は今後も、恒久化することで調整を進めています。オンライン診療で、どこまで従来の診療に近いことができるのでしょうか? 京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が語ります。

あわせて読みたい

  • オンライン診療初体験 56歳シニア記者「こんなに簡単なのか!」

    オンライン診療初体験 56歳シニア記者「こんなに簡単なのか!」

    週刊朝日

    5/10

    「コロナかも」の駆け込み寺にも 急増するオンライン診療が果たす役割とは

    「コロナかも」の駆け込み寺にも 急増するオンライン診療が果たす役割とは

    AERA

    5/28

  • 診察で皮膚科医が患者の「肌を触る」二つの理由とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    診察で皮膚科医が患者の「肌を触る」二つの理由とは?

    dot.

    11/1

    初診もオンライン診療可で変わる医療の長所と短所

    初診もオンライン診療可で変わる医療の長所と短所

    週刊朝日

    7/7

  • ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

    dot.

    10/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す