ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2020/10/09 07:00

 今年のノーベル医学生理学賞を受賞したのは、C型肝炎ウイルスの発見に貢献した研究者でした。意外なことに、肝臓の病気であるC型肝炎は、皮膚に出るブツブツなどの症状から、その病気を疑われて見つかることがあるといいます。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が解説します。

あわせて読みたい

  • 爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

    dot.

    10/15

    クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説

    dot.

    12/25

  • C型肝炎「3剤併用療法」は8割に効果あるも強い副作用も

    C型肝炎「3剤併用療法」は8割に効果あるも強い副作用も

    週刊朝日

    10/1

    食欲がない、よく眠れない… 自覚症状がなくてもC型肝炎の可能性が!

    食欲がない、よく眠れない… 自覚症状がなくてもC型肝炎の可能性が!

    週刊朝日

    1/9

  • C型肝炎治療「最大の問題点」が解消? 飲み薬で治る時代に

    C型肝炎治療「最大の問題点」が解消? 飲み薬で治る時代に

    週刊朝日

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す