過去には巨人とも“ひと悶着”  中島宏之はプロ野球界「最後の武闘派」?

2020/10/03 16:00

 死球やラフプレーをきっかけに両軍入り乱れて大乱闘──。かつてのプロ野球は、こんなエキサイティングシーンが“お約束”だったが、近年は、派手な乱闘も見られなくなり、“闘将”や“暴れん坊”も死語になりつつある。

あわせて読みたい

  • 巨人に今最も必要なものは…中島宏之が日本シリーズで見せた“戦う姿勢”

    巨人に今最も必要なものは…中島宏之が日本シリーズで見せた“戦う姿勢”

    dot.

    12/6

    乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    dot.

    6/12

  • 調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    dot.

    3/6

    HR後に“はしゃぎすぎ”で報復死球…NPBで不文律を破り報復された選手たち

    HR後に“はしゃぎすぎ”で報復死球…NPBで不文律を破り報復された選手たち

    dot.

    9/1

  •  “死球王” 清原和博のブチ切れ伝説 「今度来たら顔ゆがめたる…」【久保田龍雄】

    “死球王” 清原和博のブチ切れ伝説 「今度来たら顔ゆがめたる…」【久保田龍雄】

    dot.

    12/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す