巨人のえげつない「4番集め」の過去…打線が重量すぎるが故の“珍事”も発生

2020/08/01 16:00

 巨人は1990年代半ば以降、他球団の4番打者を次々に引き抜き、12球団でもダントツの超重量打線を形成した。ファンにとってもアンチにとっても、一番思い出深いのは、やはり長嶋茂雄監督時代の大型補強だろう。

あわせて読みたい

  • 漫画のような幕切れ! 最も印象に残る「奇跡的サヨナラ弾」は?

    漫画のような幕切れ! 最も印象に残る「奇跡的サヨナラ弾」は?

    dot.

    5/21

    あの冷静な王さんが… うっかりで生涯たった一度の“珍事”に

    あの冷静な王さんが… うっかりで生涯たった一度の“珍事”に

    dot.

    6/15

  • ナベツネ激怒で監督交代に発展も…今年の日本Sだけじゃない、巨人が近年味わった屈辱

    ナベツネ激怒で監督交代に発展も…今年の日本Sだけじゃない、巨人が近年味わった屈辱

    dot.

    12/24

    中日・星野監督も優勝を予感? 槙原寛己の “3者連続被弾”再び…

    中日・星野監督も優勝を予感? 槙原寛己の “3者連続被弾”再び…

    dot.

    5/19

  • なんてツイてない… ドラ1ルーキーがノーヒッター級の快投も負け投手に

    なんてツイてない… ドラ1ルーキーがノーヒッター級の快投も負け投手に

    dot.

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す