石橋貴明 覚悟のYouTube進出で期待されるルール無用の暴れっぷり (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石橋貴明 覚悟のYouTube進出で期待されるルール無用の暴れっぷり

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
自身のYouTubeチャンネルでは「とんねるずの大きい方」という肩書きの石橋貴明(C)朝日新聞社

自身のYouTubeチャンネルでは「とんねるずの大きい方」という肩書きの石橋貴明(C)朝日新聞社

YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』より

YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』より

『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』など、スポーツ関連の番組や企画を多数手がけていることからもわかるように、石橋は大のスポーツ愛好家である。特に野球に関する興味は尋常ではないレベルだ。高校野球の名門校である帝京高校の野球部出身の石橋は、プロ野球から高校野球、MLBまでカバーする幅広い知識を持っている。

 現在までYouTubeで公開されている動画でも、野球関連の企画が目立つ。遅めの開幕を迎えたプロ野球の結果を振り返りながら解説する動画が人気だ。その中で石橋は、バラエティ番組での共演経験もあり、帝京高校の後輩でもある日本ハムファイターズの杉谷拳士選手を応援しており、何かと話題にしてエールを送っている。

 YouTubeでこのような趣味に関する企画をやるときには、本当に心からその対象を好きでないと面白くならない。その点、石橋の野球好きは紛れもない本物だ。語り口から好きだというのが伝わってくるし、知識量も伝え方の上手さも常人離れしている。

 石橋は多くのアスリートとプライベートでも交流があるため、そういう人たちを今後ゲストとして呼ぶこともできるかもしれない。YouTuberとしての可能性は無限に開かれている。

 とんねるずはデビュー当時、「帝京高校出身の低学歴の素人」であることを売りにして、コンプレックス丸出しで芸能界に殴り込みをかけてきた。当時のとんねるずはルール無用の暴れっぷりで若者に熱狂的な支持を受けていた。

 今の時代に、当時のとんねるずに近い形で若者に支持されていると言えるのは、テレビに出ている若手芸人ではなく、YouTuberのラファエル、ヒカル、レペゼン地球などの方だろう。制約の多いテレビでせせこましく活動する芸人やタレントは、刺激を求める若者には見放されている。それよりも、タブーを破り、自由にやっているYouTuberの方が魅力的に見える。

 そう考えると、石橋がこのタイミングでYouTubeに乗り出すのは、とんねるずとして活動を始めた頃の原点に回帰するようなものだ。往年の「ワンフー(とんねるずファンの総称)」が石橋のYouTube活動に期待を寄せるのはそのためだ。YouTuberとしての石橋は、あの頃のようにまた新しい伝説を作っていくのかもしれない。(お笑い評論家・ラリー遠田)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)。http://owa-writer.com/

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい