診断が難しいパーキンソン病 便秘や嗅覚低下がみられることも

ヘルス

2020/07/04 17:00

 高齢化にともなって増加しているパーキンソン病。ふるえなどの運動症状で気づく人が多いが、便秘や嗅覚の低下などの非運動症状も、診断の目安になるという。原因や症状について、週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、専門医に取材した。

あわせて読みたい

  • みのもんたを襲ったパーキンソン病 診断が難しく便秘や嗅覚低下がみられることも

    みのもんたを襲ったパーキンソン病 診断が難しく便秘や嗅覚低下がみられることも

    dot.

    11/25

    医師でも認識の差がある「レビー小体型認知症」の最新治療

    医師でも認識の差がある「レビー小体型認知症」の最新治療

    週刊朝日

    6/9

  • 「ないものがリアルに見える」認知症 医師も見抜けず

    「ないものがリアルに見える」認知症 医師も見抜けず

    週刊朝日

    11/9

    認知症の前兆かも 大人の“寝ぼけ”に注意

    認知症の前兆かも 大人の“寝ぼけ”に注意

    週刊朝日

    12/24

  • 手足の動きがぎこちなくなる「パーキンソン病」 治療のタイミングを逃すと効果が不十分に

    手足の動きがぎこちなくなる「パーキンソン病」 治療のタイミングを逃すと効果が不十分に

    dot.

    6/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す