「時間を返してほしい」 英語民間試験に翻弄された教育現場、延期発表後も混乱は続いた

2020/05/06 10:00

 文部科学省によって英語民間試験の活用延期が発表されたのは昨年11月1日。教育関係者たちは安堵や落胆の声を漏らした。しかし延期発表後も、保護者や受験生の間では混乱が続いていた。「AERA English 2020 Spring & Summer」(朝日新聞出版)から抜粋して紹介。

あわせて読みたい

  • 大学入試の英語民間試験で大混乱 高校が「導入延期」を訴える3つの理由

    大学入試の英語民間試験で大混乱 高校が「導入延期」を訴える3つの理由

    dot.

    10/14

    「親も子も無駄に疲れる」コロナ禍と入試改革のダブルパンチに揺れる受験生たち

    「親も子も無駄に疲れる」コロナ禍と入試改革のダブルパンチに揺れる受験生たち

    dot.

    10/16

  • 英語民間試験「中止」「延期」が9割 高校生が直訴する異常事態

    英語民間試験「中止」「延期」が9割 高校生が直訴する異常事態

    AERA

    8/26

    英語民間試験の問題は「公平性」だけではない 「中止を」約7割が支持

    英語民間試験の問題は「公平性」だけではない 「中止を」約7割が支持

    AERA

    11/1

  • 国に逆らった大学は正しかった 英語民間試験に「NO」を突きつけていた7大学

    国に逆らった大学は正しかった 英語民間試験に「NO」を突きつけていた7大学

    dot.

    11/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す