最強の続編揃いの4月ドラマ 本命「半沢」対抗「BG」大穴「ハケン」、月9は? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最強の続編揃いの4月ドラマ 本命「半沢」対抗「BG」大穴「ハケン」、月9は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤原三星dot.
『半沢』の堺雅人(左)と『ハケン』の篠原涼子(C)朝日新聞社

『半沢』の堺雅人(左)と『ハケン』の篠原涼子(C)朝日新聞社

 コロナショックが日本列島を駆け巡っているなか、4月から新ドラマが続々とスタートする。当初は7月からオリンピックが始まる予定だったこともあり、「国民の興味が五輪に全部持っていかれるため、各局7月期のドラマより、4月期のドラマに予算や人員含を集中させて投入している」(民放ドラマプロデューサー)という状況だ。2020年、最注目のクールだが、各局は視聴率競争に勝つべく“最強の続編モノ”が多数ラインナップしている。

【ショートカットも似合う!美し過ぎる石田ゆり子の写真はこちら】

*  *  *
 まず、業界関係者がどの続編モノに注目しているのかを紹介しよう。まず、テレビ情報誌の編集者は次のように語る。

「放送が延期になりましたが本命はやはり『半沢直樹』(TBS)でしょう。前回の最終回は42.2%という平成のドラマ史上最高視聴率を獲得しています。それ以降の池井戸潤原作のドラマブームをつくっただけでなく、TBSの“勧善懲悪モノ”の見本にもなり、いまだに同局のドラマが好調なのは半沢のおかげです。主演の堺雅人も7年がたち、最終回で出向を命じられた東京セントラル証券を舞台に物語が進行します。新キャラとして部下役で登場する賀来賢人や、新年早々にオンエアされたスピンオフ『半沢直樹II エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード』にも登場した今田美桜も引き続き出演。また、前作で最大のライバルとして立ちはだかった香川照之や執拗に半沢を追い込み続けた片岡愛之助が再登板するとあっては、観るしかない」

 続編の最終回視聴率は50%を越えるのではと予想する関係者もいるという。続いて、スポーツ紙のエンタメ担当記者が「対抗馬」として挙げるのが「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日、16日スタート)だ。

「警察官とは違い、銃を持たず丸腰でクライアントを守り抜くボディーガードを演じた木村拓哉が2年ぶりに帰ってきます。警察に疎まれ、馬鹿にされたりもしながら、とにかく体を張って守り抜くというストーリーが“優しいアクションモノ”として好評を博し、バツイチで子どもとの関係があまりうまくいってないという役柄も意外性があってとてもいい。元来、キムタクドラマといえば万能なヒーローものの印象ですが、このドラマはどこまでも等身大で泥臭いんです。木村さんといえば、昨年10月クールでオンエアされた『グランメゾン東京』(TBS)も大好評だったので、『やっぱりキムタクドラマは面白い』というイメージを改めて打ち立てることに成功しました。この勢いで『BG』もヒットすると思います」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい