始まった日本マラソンの「高速化」 さらなる記録更新に“必要な環境”とは?

2020/03/19 17:00

 東京五輪代表争いのマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に続く、ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソンでは、大迫傑(ナイキ)が自身の持つ日本記録を更新する2時間05分29秒で4位になって五輪代表に内定した。さらに高久龍(ヤクルト)と上門大祐(大塚製薬)が2時間06分45秒と2時間06分54秒と、日本歴代4位と6位タイの記録をマーク。他にも2時間7分台が7人で8分台は5人、9分台は4人と収穫のあるレースとなった。

あわせて読みたい

  • 男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    週刊朝日

    3/13

    MGC決戦目前! 大迫は日本マラソン界の救世主となれるか

    MGC決戦目前! 大迫は日本マラソン界の救世主となれるか

    dot.

    9/14

  • 大迫雄叫び! 日本新でマラソン五輪代表を手中に

    大迫雄叫び! 日本新でマラソン五輪代表を手中に

    dot.

    3/1

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    dot.

    2/12

  • 設楽悠太の日本新を生んだ“非常識な調整法”

    設楽悠太の日本新を生んだ“非常識な調整法”

    AERA

    3/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す