天龍源一郎が語る“お金” ザ・グレート・カブキの「日本に帰れ!」の一言で今がある (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る“お金” ザ・グレート・カブキの「日本に帰れ!」の一言で今がある

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎dot.
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

「ある人に“どうしたらお金は残るの?”って聞いたら、“天龍、お金は入った以上に使わなければ残る”って言われてね。名言だと思ったよ」(撮影/写真部・掛祥葉子)

「ある人に“どうしたらお金は残るの?”って聞いたら、“天龍、お金は入った以上に使わなければ残る”って言われてね。名言だと思ったよ」(撮影/写真部・掛祥葉子)

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えて、カムバックを果たした天龍源一郎さん。2月2日に迎えた70歳という節目の年に、いま天龍さんが伝えたいこととは? 今回は「お金」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。

【「天龍さん、思わず納得してしまった”お金の貯め方の名言”って?」】

*  *  *
 人生にとってお金はやはり大事だね。お金の話をする前に、ここまで生きてきて儲けモンだなって思えた出来事が最近あった。70歳の誕生日の一週間後にアントニオ猪木さんとのトークイベントをやったんだけど、あぁいう場面になるとレスラーって見栄張るんだよ(笑)。負けちゃいけないって、そういう気持ちで挑んだけど、緊張したね。。俺は70歳になって、猪木さんとは7歳の歳の差しかないのかって改めて思った。若い時、30歳くらいの時には、猪木さんがすごい大人な感じがしてさ。俺が30歳のとき猪木さんは37歳、40歳近いからね。なんか大人って感じがしたんだけど、70歳くらいになると、もう、70歳も77歳も大して変わんねぇなって感じだね(笑)。

 トークイベントで猪木さんのテーマソングが流れたとき、お客さんは興奮していたな。郷愁というか惜別の念っていうのがあると思う。猪木さんと言えば、俺の師匠である馬場さんが結びつくし、そういう郷愁感というか、新日本と全日本と全然交流がないのに“そこで、また相まみえるか!”っていう。ファンのそういう期待感みたいなのが伝わってきたね。

 面白いと思ったのはね、猪木さんと俺の試合をタイムリーに見たことない様な若い人たちも妙にハイテンションだったんだよ。長く生きてきて、猪木さんや俺のことが語り継がれていくと、だんだん事が大げさになってくるんじゃない? 語り継がれていくといい部分しか引き継がれていかないからね。

 昔の偉人たちもきっとスケベなヤツもいっぱいいたはずなのに、なんか品行方正で、間違ったことを一ミリもしないって勝手に語り継がれていく。自分の人生振り返ってつくづく思うよ、ある程度歳を取ってくると、間違いもできなくなるし、若いときと違って飲んで他人様に迷惑なんてかけない。欲望も削がれてくる年齢になってくるでしょ?ちゃんと品行方正に生きている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい