「勝てないと思ったけど…」 羽生結弦、チェンとの戦いで見せた“勝負師のプライド”

2019/12/10 17:00

 自己ベストには遠くおよばない194・00点。合計点も291・43点でチェンとの差は広がり、2位のままフィニッシュ。5度目の優勝はならなかった。それでも、勝負師としての矜恃を見せつけた魂の4分間だった。

 初めて足を踏み入れたトリノの地。25歳の誕生日となった12月7日、フリー当日までコーチ陣が不在のハプニングもあった。だからこそ練習中に、将来的な完成を目指すクワッドアクセルに試合会場で初挑戦することができた。11歳の少年が夢を持った地で起こった事象全てが、次なる“何か”の伏線になる。「ここがまた、自分にとってのきっかけの地になった」。羽生結弦が紡ぐストーリーは続いていく。

1 2

あわせて読みたい

  • 羽生結弦 GPファイナル開催地・トリノで得たクワッドアクセルへの決意

    羽生結弦 GPファイナル開催地・トリノで得たクワッドアクセルへの決意

    AERA

    12/19

    「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    AERA

    5/2

  • 羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか

    羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか

    AERA

    2/4

    羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む

    羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む

    AERA

    10/1

  • 「ゆづも人間」等身大の羽生が共感を呼んだ! 迫真のFSまで6日間詳細ドキュメント

    「ゆづも人間」等身大の羽生が共感を呼んだ! 迫真のFSまで6日間詳細ドキュメント

    週刊朝日

    3/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す