映画俳優よりも人気だった暗闇のスーパースターとは?

朝日新聞出版の本

2019/11/16 17:00

 今からおよそ100年前、映画が活動写真と呼ばれ、まだ音がなかったサイレントの時代、大活躍していた活動弁士。登場人物の台詞に声をあて、物語を説明しながら独自のしゃべりで観客を沸かせる、まさに暗闇のスーパースター。その人気ぶりは、映画俳優をしのぐものだったそうだ。

あわせて読みたい

  • ポンと煙が出て人が消える… 失敗から生まれた映画の撮影技術の面白さ

    ポンと煙が出て人が消える… 失敗から生まれた映画の撮影技術の面白さ

    dot.

    11/16

    成田凌「おもしろすぎてNGなんてことも」…周防監督「カツベン!」秘話

    成田凌「おもしろすぎてNGなんてことも」…周防監督「カツベン!」秘話

    週刊朝日

    12/23

  • LiLiCo「成田凌はどんどん楽しみに」周防監督の新作「カツベン!」の映画評

    LiLiCo「成田凌はどんどん楽しみに」周防監督の新作「カツベン!」の映画評

    週刊朝日

    12/7

    成田凌、オーディション勝ち抜き映画初主演 目指すは「Shall we ダンス?」

    成田凌、オーディション勝ち抜き映画初主演 目指すは「Shall we ダンス?」

    AERA

    12/17

  • 成田凌が自らチラシ配りも 目指すは「カメレオンでは済まない」領域

    成田凌が自らチラシ配りも 目指すは「カメレオンでは済まない」領域

    AERA

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す