キー局落選組が大活躍 局アナの時代は終わっている (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

キー局落選組が大活躍 局アナの時代は終わっている

このエントリーをはてなブックマークに追加
高梨歩dot.
川田裕美(左上)、新井恵理那(右上)、皆藤愛子(右下)、ホラン千秋(c)朝日新聞社

川田裕美(左上)、新井恵理那(右上)、皆藤愛子(右下)、ホラン千秋(c)朝日新聞社

 元TBSの宇垣美里に吉田明世、元テレビ朝日の宇賀なつみなど、最近ではキー局アナのフリー転身が目立つ。しかし、満を持して羽ばたいたはずが、看板番組の視聴率が振るわずに苦戦しているケースも多い。そんな中、いま活躍が著しいアナウンサーやキャスターに目を向けると、キー局のアナウンサー試験に落ちた過去のある顔ぶれが並んでいるのだ。

【写真】フジの最終面接で落ちた人気女子アナはこちら

 例えば、2017年4月から「Nスタ」(TBS)のサブMCを任され、今やすっかり夕方の顔となったホラン千秋(31)。元フジテレビのカトパンこと加藤綾子がメインMCを務める「Live News it!」(フジテレビ)に視聴率で勝つことも多く、業界内でもその実力が高く評価されているという。

「ホランさんは青山学院大卒で、オレゴン州立大に留学をした経験があります。また、アイルランド人の父を持ち、くっきりとした顔立ちも印象的。まさに才色兼備なのですが、実は民放キー局すべてのアナウンサー試験を受けるも全敗してしまったそうなんです。売れない時代はスーパーでレジ打ちのアルバイトをしていたこともあったそうで、ときに見せる庶民派な一面やモテないキャラが主婦層からも支持を集めています。しかし、庶民派と言いつつも、18年度に最も稼いだ女性フリーアナと報じられ、その記事によれば2億5500万円を稼ぎ出したようです」(女性週刊誌の芸能担当記者)

 一方、出演本数の多さで首位に立ったフリーアナウンサーの新井恵理那(29)もキー局落選組のひとりだ。「2019上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)の女性キャラクター部門で見事1位に輝いた新井の出演番組は実に幅広く、平日朝の生放送「グッド!モーニング」(テレビ朝日)などのニュース番組から、バラエティー番組「所さんお届けモノです!」(TBS)でのMCアシスタントまでを器用にこなしている。

「新井さんは在学中にミス青山学院大グランプリに選出された美貌の持ち主。フジテレビの最終選考まで残ったそうですがダメで、お台場の商業施設のトイレで号泣したとさまざまな媒体で明かしています。9月に発売された自著内ではフリーアナウンサーとして固定給ゼロからスタートしたことやオーディションと降板を繰り返した修行の5年間などについても語っています」(同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい