「巨人でなきゃイヤ!」“超ワガママ”だった昔のドラフト候補たち

2019/10/15 17:00

 “令和の怪物”佐々木朗希(大船渡)が10月2日、プロ入りを表明し、「12球団、どこでも頑張りたいと思っています」とコメントした。ライバル・奥川恭伸(星稜)も「指名していただけるのであれば、どの球団でもうれしいです」と12球団OKの構え。一昨年のドラフトでも、超高校級スラッガー・清宮幸太郎(早稲田実-日本ハム)が「12球団OK」の姿勢を見せるなど、ここ数年は目玉候補の“謙虚”な希望が目につくようになった。

あわせて読みたい

  • 菅野智之は今オフ米移籍か 巨人は「大物FA投手」ダブル獲りに動く可能性も?

    菅野智之は今オフ米移籍か 巨人は「大物FA投手」ダブル獲りに動く可能性も?

    dot.

    10/17

    巨人・吉川の遊撃コンバートの日は近い? 空いた二塁の候補に挙がる“2人の大物”

    巨人・吉川の遊撃コンバートの日は近い? 空いた二塁の候補に挙がる“2人の大物”

    dot.

    10/22

  • 松井秀喜が巨人軍には帰ってこない本当の理由

    松井秀喜が巨人軍には帰ってこない本当の理由

    週刊朝日

    8/23

    巨人がドラフトで逃した“未来のスター” 「引き当てていれば」と想像膨らむ大物たち

    巨人がドラフトで逃した“未来のスター” 「引き当てていれば」と想像膨らむ大物たち

    dot.

    5/1

  • そんな事してまで…な逸話も! 巨人以外にもいた、意中の球団にこだわった男たち

    そんな事してまで…な逸話も! 巨人以外にもいた、意中の球団にこだわった男たち

    dot.

    12/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す