石川遼にもまだチャンスあり? 東京五輪の男子ゴルフ出場枠は“混戦模様” (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石川遼にもまだチャンスあり? 東京五輪の男子ゴルフ出場枠は“混戦模様”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.#2020東京五輪#ゴルフ
石川遼は東京五輪出場なるか (c)朝日新聞社

石川遼は東京五輪出場なるか (c)朝日新聞社

 2020年の東京オリンピックまで一年を切った。開幕は7月24日。MGCを開催したばかりのマラソンなど競技によっては既に出場者が内定するなど、徐々に五輪の足音が近づいていることを感じずにはいられない。

【写真】丸山茂樹のイップスを解明した脳科学者は?

 リオ五輪に続いて正式種目として行われるゴルフ競技は埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部が舞台。男子は7月30日(木)に初日を迎え、女子は8月5日(木)からスタートする。

 どの選手が五輪への切符を手にするのか気になるところだが、ここでまず出場資格についておさらいしておきたい。大会には男女とも60名が出場できるが、各国の代表選手は国際ゴルフ連盟(IGF)が発表する「オリンピックゴルフランキング」の上位60名(男子は2020年6月22日、女子は同29日時点)に出場権が与えられる。このランクは、世界ランキングを元に算出されており、出場するには次の条件がある。

【1】世界ランク上位15名(各国最大4人まで)には出場権が与えられる。
【2】16位から60位までは1カ国2名(上記15位以内を含む)が上限。
【3】開催国の日本には最低1枠が与えられる(最上位者)。
【4】5大陸(アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)に出場資格がある選手がいない場合、各1名(最上位者)。

 例えば男子であれば、層の厚い米国は世界ランクトップ10に6名が名を連ねるが(9月22日現在)、上から5番目で世界ランク8位のタイガー・ウッズ(米)は、各国最大4人までという理由で出場できない。一方、英国は世界ランク4位にジャスティン・ローズ(英)、世界ランク12位にポール・ケイシー(英)がおり、ケイシーはオリンピックランクでは9位。トミー・フリートウッド(英)が世界ランク16位で続くが、16位以下は1カ国2名が上限という条件によりフリートウッドには出場権が与えられないという具合だ。

 気になる日本はどうだろうか。現在のところ男子は五輪ランク14位(世界ランク26位)の松山英樹、五輪ランク32位(世界ランク72位)の今平周吾が圏内となっており、女子は五輪ランク6位(世界ランク6位)の畑岡奈紗、五輪ランク11位(世界ランク11位)の渋野日向子が上位2名となっている。そして当然ながら、出場条件により五輪ランクトップ60の中に、彼ら以外の日本人選手の名前はない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい