鼻炎、結膜炎…次々にアレルギーを起こす「アレルギーマーチ」は皮膚から始まる?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2019/10/04 07:00

 アレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎、ぜんそくなどのアレルギー疾患が続発することを「アレルギーマーチ」と呼びます。この最初のきっかけは、皮膚にあるということをご存じでしょうか? 好評発売中の『心にしみる皮膚の話』著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が解説します。

あわせて読みたい

  • アトピー予防のカギは「生後半年のスキンケア」 その方法は

    アトピー予防のカギは「生後半年のスキンケア」 その方法は

    AERA

    3/3

    肌年齢を若く保つために必要な4つの習慣 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    肌年齢を若く保つために必要な4つの習慣 皮膚科医が解説

    dot.

    7/9

  • カサカサの肌はアトピー性皮膚炎になりやすい? 最新研究でわかった予防法
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    カサカサの肌はアトピー性皮膚炎になりやすい? 最新研究でわかった予防法

    週刊朝日

    12/28

    目の周りが赤くはれる! 花粉症で起きる皮膚のトラブル、三つの原因とは
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    目の周りが赤くはれる! 花粉症で起きる皮膚のトラブル、三つの原因とは

    dot.

    3/5

  • いまだ続くステロイドへの誤解 「アトピー性皮膚炎」の治療とは?

    いまだ続くステロイドへの誤解 「アトピー性皮膚炎」の治療とは?

    週刊朝日

    11/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す