“消化試合”で浮かび上がる「クビになる選手」と「生き残る選手」の大きな違い

2019/09/10 17:00

 レギュラーシーズンも最終盤戦を迎えているプロ野球のペナントレース。セ・リーグでは最下位のヤクルト、5位の中日はAクラス入りも厳しい状況である。クライマックスシリーズができたことで以前ほどいわゆる“消化試合”と言われる試合は減ったものの、この2チームについては来季を見据えた戦いも必要になってくる時期と言えるだろう。また万全のレギュラーではない選手にとっては来季の契約も気になる時期である。

あわせて読みたい

  • 巨人が“下剋上の阻止”に必要なのは… CSの「カギ」となり得る意外な選手とは?

    巨人が“下剋上の阻止”に必要なのは… CSの「カギ」となり得る意外な選手とは?

    dot.

    10/5

    ヤクルト奥川恭伸、プロで成功するカギは石井一久の“受け流し力”?

    ヤクルト奥川恭伸、プロで成功するカギは石井一久の“受け流し力”?

    dot.

    11/23

  • ヤクルト一筋47年、八重樫幸雄が明かす「野村再生工場のベテラン活用術」

    ヤクルト一筋47年、八重樫幸雄が明かす「野村再生工場のベテラン活用術」

    dot.

    5/6

    【プロ野球】長く現役を続けられる選手、復活できる選手は何が違うのか?【八重樫幸雄】

    【プロ野球】長く現役を続けられる選手、復活できる選手は何が違うのか?【八重樫幸雄】

    dot.

    11/13

  • 「ずっと使って」 なぜ八重樫幸雄はヤクルト村上の起用にこだわるのか

    「ずっと使って」 なぜ八重樫幸雄はヤクルト村上の起用にこだわるのか

    dot.

    8/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す