医療現場の見えない葛藤を言葉にしていくために――マスコミが報道すべきだったこと【幡野広志×大塚篤司】

がん

2019/09/04 11:30

 昨今、働き方改革、無給医問題などで、疲弊する医療の現状が取り上げられ、過労死ラインをはるかに超える医者の労働時間にも注目が集まった。しかし、なぜ医療現場はよくならないのか? 2017年末に血液がんの一種・多発性骨髄腫で余命3年と宣告された写真家の幡野広志さんと、著書『心にしみる皮膚の話』が発売中の京都大学大学院特定准教授・大塚篤司医師の対談、第3回。

あわせて読みたい

  • 本音を言えない医療現場――口をふさがれているのは患者か、医者か?【幡野広志×大塚篤司】

    本音を言えない医療現場――口をふさがれているのは患者か、医者か?【幡野広志×大塚篤司】

    dot.

    9/3

    「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    dot.

    8/31

  • 若い世代のがん患者にどう最後まで寄り添う? 2人の医師が吐露した苦悩

    若い世代のがん患者にどう最後まで寄り添う? 2人の医師が吐露した苦悩

    dot.

    2/25

    患者が生きるのは権利か義務か? 小説『神様のカルテ』著者×コラムニスト医師 【大学同期の医師対談】

    患者が生きるのは権利か義務か? 小説『神様のカルテ』著者×コラムニスト医師 【大学同期の医師対談】

    dot.

    8/23

  • 「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由

    「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由

    dot.

    2/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す