「井上尚弥は現時点で世界最高のファイター」米理論家トレーナーが指摘した死角とは?

2019/08/27 17:00


 プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の次戦が、11月7日にWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)を相手に行われると発表された。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝として行われる一戦。下馬評はやはり“今が旬”の井上が絶対有利だが、絶好調の王者にも果たして死角は存在するのだろうか?5階級制覇王者のドネアにも勝機はあるのか?

あわせて読みたい

  • 井上尚弥WBSS決勝のドネアに「KOで引導を渡す」

    井上尚弥WBSS決勝のドネアに「KOで引導を渡す」

    dot.

    8/8

    井上尚弥 “アンチ”少ない珍しい格闘家 語らず拳だけで魅せる「本物の強さ」

    井上尚弥 “アンチ”少ない珍しい格闘家 語らず拳だけで魅せる「本物の強さ」

    dot.

    11/4

  • 朝倉未来は世界的には“無名”? 日本の総合格闘家の世界的位置づけは…

    朝倉未来は世界的には“無名”? 日本の総合格闘家の世界的位置づけは…

    dot.

    3/12

    ボクシング・井上尚弥が“モンスター”として歴史に名を残す条件

    ボクシング・井上尚弥が“モンスター”として歴史に名を残す条件

    週刊朝日

    10/14

  • 中国、韓国に“遅れ”を取った日本のMMA界… 世界で躍進するアジアの総合格闘家

    中国、韓国に“遅れ”を取った日本のMMA界… 世界で躍進するアジアの総合格闘家

    dot.

    7/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す