病院を受診できずに苦しんでいる人たちに向けて 精神科医ができることは

医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い

ヘルス

2019/08/15 07:00

 医療を必要としているのに医療が届かず苦しんでいる人たちが存在しています。精神科医として日々、診療にあたっている千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師は、「医療の現場からでは、そのような境遇にある人たちにメッセージを伝えることがとても難しいのが実情です」と語ります。今回は、本連載「医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い」を始めるきっかけについて、紹介します。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す