選手の帽子・ユニホームのサイズはすべて暗記 DeNAを支える用具係の日常

プロ野球の裏方たち

2019/08/13 11:30

 登板直前の投手には捕球の際に大きな声を出すなどしてモチベーションを高めてもらう。自分が送り出した投手が好投したときには、この上ない喜びを感じる。

 シーズン中は主に月曜日がオフだ。遠征の場合、選手たちは翌日の火曜日に現地入りする。だが定岡さんは次戦の先発投手の練習対応のため、チームとは別に前日から現地入りする。シーズンオフのキャンプでも、早くに現地入りしてピッチャープレートやベースを備え付けるなど、球場の整備も行う。選手たちよりも常に「一歩先」を求められる仕事だ。

「私だけでなく、選手たちも見えないところで努力しています。そんな彼らと一緒に勝利を喜べるのが、この仕事の魅力ですね」

 そう言い残すと、定岡さんは選手たちのいるグラウンドへ走っていった。
(AERA dot.編集部/井上啓太)

1 2 3

あわせて読みたい

  • イップスで契約解消も… プロ野球打撃投手の環境が過酷すぎる

    イップスで契約解消も… プロ野球打撃投手の環境が過酷すぎる

    dot.

    8/25

    用具係 入来祐作 僕には野球しかない

    用具係 入来祐作 僕には野球しかない

    週刊朝日

    11/6

  • 大谷翔平も三浦大輔も袖を通した「復刻ユニホーム」の魅力

    大谷翔平も三浦大輔も袖を通した「復刻ユニホーム」の魅力

    AERA

    10/22

    イチローは松井秀喜を凌ぐ、稀代のホームランバッターだったのではないか?

    イチローは松井秀喜を凌ぐ、稀代のホームランバッターだったのではないか?

    dot.

    4/22

  • 箕島-星稜戦の“隠し球”見抜く 甲子園の名解説・達摩省一氏が死去

    箕島-星稜戦の“隠し球”見抜く 甲子園の名解説・達摩省一氏が死去

    週刊朝日

    5/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す