甲子園V砲の逆転満塁HR「衝撃で足し算ができなかった」佐賀北の元選手らの証言 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

甲子園V砲の逆転満塁HR「衝撃で足し算ができなかった」佐賀北の元選手らの証言

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上啓太dot.
2007年夏の甲子園。決勝戦は逆転満塁本塁打という劇的な結末になった。(C)朝日新聞社

2007年夏の甲子園。決勝戦は逆転満塁本塁打という劇的な結末になった。(C)朝日新聞社

抱き合う佐賀北の選手たち。スタンドは総立ちだ。(C)朝日新聞社

抱き合う佐賀北の選手たち。スタンドは総立ちだ。(C)朝日新聞社

「前の打席で2回三振していましたが、プレッシャーは全くありませんでした。あの夏の甲子園では2本のHRを放っていて調子がよかったのもありますが、球場の雰囲気に奮い立たされて、最高の精神状態で打席に立ちました」

 カウント1ボール1ストライクからの3球目だった。

「前の球で、体寄りのボールが来ました。上体を起こされたので、次は間違いなく、外に逃げるスライダーで来るだろうと。ヤマを張って思い切り踏み込みました」

 左翼手が打球を見送ったのを見て、「入った」と確信した。逆転満塁ホームラン。しかも甲子園の決勝で。スタンドは総立ちだった。本当に逆転なのか――。副島さんはダイヤモンドを一周しながら、何度もバックスクリーンのスコアボードを確認した。この回一挙5得点。

「興奮のあまり、足し算すらできませんでした。そこからの記憶はあいまいです」

 選手権大会としては13年ぶりの優勝旗を地元にもたらした。

 あれから12年――。副島さんは同じ佐賀県の唐津工で野球部顧問をしている。大学まで野球を続け、その後一度は地元の銀行に就職したが、野球への情熱が忘れられなかった。大学4年の時、母校・佐賀北で教育実習をしたのをきっかけに、社会人となってからも同校野球部の練習を指導していた。部員たちからの「教師になってください」という言葉に心を動かされた。

「甲子園という夢にむかって、頑張る大切さを伝えたい。私もあの試合で、最後まであきらめない大切さを学びました」

 今夏の地方予選では、チームは惜しくも準々決勝で敗れた。母校の佐賀北は今年、5年ぶりに夏の甲子園への切符を手にした。

「負けていられないですね」

 副島さんは今、部員19人の新チームとともに、あらたな夢に向かって進んでいる。(AERA dot.編集部/井上啓太)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい