乱闘で大暴れもお咎めなしでヒーローに… なぜそんな結末に?

2019/05/26 16:00

 2019年シーズンが開幕し、毎日贔屓チームの勝敗をチェックする今日この頃だが、懐かしいプロ野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、80~90年代の“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「あれれ?の結末編」だ。

あわせて読みたい

  • 常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    dot.

    7/6

    乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    dot.

    6/12

  • 調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    dot.

    3/6

    「死球なんて関係ねぇ」 内角をゴリゴリえぐった“ケンカ投法”の助っ人投手たち

    「死球なんて関係ねぇ」 内角をゴリゴリえぐった“ケンカ投法”の助っ人投手たち

    dot.

    7/3

  • 過去には巨人とも“ひと悶着”  中島宏之はプロ野球界「最後の武闘派」?

    過去には巨人とも“ひと悶着”  中島宏之はプロ野球界「最後の武闘派」?

    dot.

    10/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す