「フォルランの悪夢」ちらつく… 神戸、ポドルスキら大物助っ人の“反作用”

2019/04/23 16:00

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が師と仰ぐファン・マヌエル・リージョ監督を招聘し、「バルサ流」のポゼッションサッカーを志向していた今季のヴィッセル神戸。ところが4月17日、突如として名将の辞任が発表され、昨季途中まで指揮を執っていた吉田孝行監督の再登板が決まった。同時に主将を務めていたルーカス ポドルスキが「自分に対する信頼が感じられなかった」とキャプテンマークを返上するショッキングな出来事も起き、チーム全体が大いに揺れていた。

あわせて読みたい

  • ポドルスキらのふがいない現状… 大物助っ人でコケる神戸の“黒歴史”

    ポドルスキらのふがいない現状… 大物助っ人でコケる神戸の“黒歴史”

    dot.

    5/8

    イニエスタ効果、営業面でも絶大…だが乏しい地元の恩恵「子どもたちを招待して」【元川悦子】

    イニエスタ効果、営業面でも絶大…だが乏しい地元の恩恵「子どもたちを招待して」【元川悦子】

    dot.

    8/15

  • プレーだけではない… イニエスタ加入がチームに生んだ「絶大な効果」【元川悦子】

    プレーだけではない… イニエスタ加入がチームに生んだ「絶大な効果」【元川悦子】

    dot.

    8/14

    「実績断トツ」のイニエスタ獲得に楽天ファンは嘆き節で…

    「実績断トツ」のイニエスタ獲得に楽天ファンは嘆き節で…

    週刊朝日

    6/1

  • バルサの若手と韓国人がポジション争い? 外国人枠変更でどうなるJリーグ【河治良幸】

    バルサの若手と韓国人がポジション争い? 外国人枠変更でどうなるJリーグ【河治良幸】

    dot.

    11/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す