古賀茂明「安倍総理の読み違いで米韓中ロが描く北朝鮮バブルから取り残される日本」

政官財の罪と罰

ドナルド・トランプ

2019/03/11 07:00

 今年2月末に行われた米朝首脳会談は、何の合意も共同会見もないまま終わった。どうしてこうなったのか、はっきりしたことはわからない。
ただ、北朝鮮とアメリカ双方とも、戦争を回避しようと考えるのであれば、交渉をまとめるしか道はない。日本政府は、アメリカがいい加減な妥協をしなくて良かったと思っているようだが、それは事の本質を見誤った判断である。

あわせて読みたい

  • 北朝鮮・金正恩委員長の狙い 米中ロ日韓関係は波乱含み

    北朝鮮・金正恩委員長の狙い 米中ロ日韓関係は波乱含み

    週刊朝日

    8/7

    元駐韓大使が占う2018年の北朝鮮、軍事衝突まで想定した具体策を

    元駐韓大使が占う2018年の北朝鮮、軍事衝突まで想定した具体策を

    ダイヤモンド・オンライン

    1/9

  • 米韓が先制攻撃を仕掛ければ、北朝鮮は1日で壊滅も “軍事マニュアル”判明

    米韓が先制攻撃を仕掛ければ、北朝鮮は1日で壊滅も “軍事マニュアル”判明

    週刊朝日

    1/1

    2回目の米朝首脳会談 歴史的なタヌキ同士の化かし合い

    2回目の米朝首脳会談 歴史的なタヌキ同士の化かし合い

    AERA

    2/23

  • 田原総一朗「中国が北朝鮮を見放したことを示す『強烈なメッセージ』」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「中国が北朝鮮を見放したことを示す『強烈なメッセージ』」

    週刊朝日

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す