崖っぷちの日本ハム・斎藤佑樹が生き残る道は「オープナー」? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

崖っぷちの日本ハム・斎藤佑樹が生き残る道は「オープナー」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
梅宮昌宗dot.
「オープナー」で復活なるか日ハムの斎藤佑樹(c)朝日新聞社

「オープナー」で復活なるか日ハムの斎藤佑樹(c)朝日新聞社

 斎藤自身は当然、先発として復活を期す思いが強いだろう。そこで、生き残る道としてハマる可能性があるのが「オープナー」だ。救援投手が先発で1イニング程度を投げた後に継投に入る戦術でメジャーリーグのレイズが昨年に導入し、他球団にも広がった。立ち上がりが不安定な先発投手は上位打線との勝負を避けることができ、実際に序盤のチーム防御率を劇的に改善できた事例がある。固定観念にとらわれず、革新的な戦術を積極的に取り入れる栗山監督は以前に、「メジャーでは初回に3人を抑える投手がいる」と語った上で、「極端に言えば、開幕オリックス戦で3試合とも(先発を)金子とか」とオープナー導入に意欲的だった。

 打者の目が慣れる2巡目になると苦しいが、立ち上がりに制球難で球が暴れるタイプではない斎藤がこのオープナーで輝く可能性がある。1イニング限定の登板ならば長いイニングを見越してペース配分する必要がなく、大胆に攻められる。シーズンは長い。斎藤を起用する選択肢は一考の余地があるだろう。(梅宮昌宗)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい